セロトニンが多すぎるとセロトニン症候群の恐怖が…

ダイエットのしすぎはガリガリに痩せすぎてしまって不健康のもと、
かといって栄養をどんどん取りすぎてしまっては肥満のもと。

 

何事もやり過ぎは良くなく「ほどほどに、適度に」が大事ですよね。

 

セロトニンに関しても同じです。
セロトニンが少なすぎると心や体に悪い影響が出てしまいますが、
逆に増やしすぎても恐ろしい症状が起きてしまいます。

 

それが、セロトニン症候群です。

 

セロトニン症候群とは、
セロトニンの量が必要以上に増えすぎてしまった時に起こってしまうものです。

 

セロトニン症候群になってしまうと、めまいや頭痛などから始まり、
悪化してくると発熱、嘔吐、下痢などになり、まれに死亡する恐れもあるそうです。

 

セロトニン症候群の原因は、セロトニン作動系の薬品の服用や、
他の薬との飲み合わせによるものだと言われています。
セロトニン作動系の薬品とは、抗うつ剤など、うつ病の治療などに用いられます。

 

セロトニン症候群を予防するためには、
必要に迫られるまではなるべくこのような薬を服用しないことでしょう。

 

セロトニンを増やす方法は他にもたくさんあります。
このサイトの他のページでも紹介していますので参考にしてみてください。

 

できるだけナチュラルなかたちでセロトニンを増やしていきましょう。